MENU

産後脱毛症とは一体何?

女性で出産経験のある人のほとんどが産後抜け毛に悩まされ発症してしまう産後脱毛症

 

これは、「分娩後脱毛症」とも呼ばれており、産後の一定期間に髪の毛が大量に抜け落ちたり、細くなるという症状が現れます。

 

産後脱毛症が起こる原因は?

一番の原因はホルモンバランスの乱れと言われています。

 

妊娠、出産は女性の体に大きな変化をもたらし、お腹が大きくなるのももちろんですが、体毛が濃くなったり、食の好みが変わったりなど様々な変化が現れます。

 

特に体毛が濃くなるというのはホルモンバランスが深く関係しており、妊娠前は濃くなって、産後は抜け毛として現れるということもあります。

 

産後脱毛症はいつ治まる?

一時的なものといわれてはいても、大量に抜けると本当に治まるのだろうか?元に戻るのだろうか?と不安になりますよね。

 

ほとんどの場合、半年から1年ほどで徐々に抜け毛が収まり元に戻り始めます。

 

最初は抜けてしまった場所に短い毛が生えてくるので気になるかもしれませんが、それはちゃんと抜け毛が収まり新しく生えてきた証拠なので嬉しく思いましょう。

 

産後に気をつけなければいけないのは?

ほとんどの場合自然に治まると言われている産後脱毛症ですが、これにストレスが加わると治りが遅くなったり、悪化してしまう恐れがあります。

 

赤ちゃんのお世話は、数時間起きに授乳やおむつ替えをしたり、抱っこじゃないと寝てくれなかったりと、ママは休む暇もなければ息抜きもなかなかできませんよね。

 

その為、育児ストレスや育児ノイローゼになってしまう人もいるほどです。

 

これらのストレスが強いと、抜け毛の悪化にも繋がってしまうので、家族や地域のサポートを受け、ママも息抜きをするようにしましょう。

 

産後の息抜き方法は?

まず、一人の時間を作ることです。

 

産後一ヶ月を過ぎれば、ママの体調も元に近い状態になりますし、赤ちゃんも少し落ち着きはじめまので1時間でも2時間でもいいので、パパに預けて外に出てみましょう。

 

開放感もあり、何も気にせず自分のペースで事をできるので、少しはストレス解消にもなります。

 

家にいるとどうしても赤ちゃんや家事などを優先させて自分のことは後回しになってしまいがちですよね。そういった我慢の積み重ねが、急に爆発すると自分でも対処のしようがなくなってしまいます。

 

そして抜け毛の症状もひどくなってしまうんです。なのでそうなる前に自分だけの時間を作ってみましょう。

 

そうすることで、自分もリフレッシュでき、パパに預けたとすれば育児の大変さを理解してくれるいいきっかけにもなって、今後のお手伝いの期待も出来るかもしれませんよ。

 

産後脱毛症は生理的な現象です。あまり気にせずに、赤ちゃんとの時間を楽しんで心穏やかに過ごせるといいですね。

 

産後の抜け毛対策トップページに戻る